--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

film

2010年04月20日 01:23

ヤンです。

皆さんとはなかなかぶっちゃげ話が出来ないので、
序盤は簡単に自己紹介を含めながら書いていこうと思います。


最近感じていることです。

いま写真業界はもっぱらデジタル化、
飛躍的な技術の向上で、新製品が出るたびに驚かせられるばかりですね。

次から次に新機能や従来機能の向上で、発売するたびに目移りしてしまいます。
こうなるとなかなか買うタイミングが難しいところです。

デジタルカメラになって本当に便利になり、
露出やピントがオートであることはもちろん、
撮った写真をその場で確認出来るので、
失敗することが極めて少なくなりました。
ちょっとしたことであれば、編集ソフトで修正も出来ますし、
いくらでも自分の思い通りに仕上げることができます。

つまり「とにかく撮っちゃえば良い」でも済むのです。

しかし、次から次に新製品が登場しその都度、
"従来機種との比較""他社製品との比較"など覚えなければならず、
それが毎回毎回毎回なので少々嫌気がさしてました。


DSC_6618_convert_20100420003311.jpg

なので「原点回帰」、この前中古で買いました。



露出、ピントと全て自分で合わせなければならず、

前、後ろ、前、とピントをじっくり合わせる手間、

シャッター速度、絞りを一人でブツブツとつぶやき考え、

たった{1枚}を撮るのにかなりの時間を要するのですが、

*・・バシャンッ・・・*、とシャッターを切ったときの

なんとも言えない優越感はたまりません。。。

しかも撮った写真がどうなのかは現像するまで分からず、

フィルムの扱いも慎重にと、ハラハラ&ドキドキです。




DSC_1495_convert_20100420004645.jpg

D3sで撮影(ピントが奥にいっちゃってますが・・)
見た目はこっちの方が正しいです。

FH000010_convert_20100420005003.jpg

NewFM2で撮影(CDに焼いたことでシアンがかってますが・・)
味わい深い描写です。




多分おそらく、のちのちフィルムカメラが見直され再燃する時期が
来るのではないかと勝手に思ってます。トイカメラとか流行ってますし。

フィルム、現像所が生き残ってくれることを願ってます。




現像するまでわからない=明日のことは、誰にもわからない
スポンサーサイト


コメント

  1. 大道 | URL | Za4ySBRo

    アナログですか・・・。

    FM2で撮った写真はリバーサルフィルムをお使いですか?

    AD変換するとシアン(C)がかなりきつくなりますね。。。

    さっきこの写真かりてフォトショップでカラーバランスを整えてみました。

    一方D3sの方は、ややMが浮いていますね。。。

    やっぱりアナログの方が、多分ポジじゃないかと思うんだけどカチッとしてて色に深みがありますね。

    こうやって見るとアナログの良さがよくわかります。

    デジタルはまだまだ色が浅いですね。。。

    だってこれD3sで撮ったんでしょ。。。

    ニコンのハイエンドクラスでこれですからね・・・。

    FM2の方が仕上がりの質としては格段に上行ってますよっ!!!

    これはカメラというよりアナログフィルムがいかに描写力があるかということをいいたいんでしょ。。。

    僕も全く同感しました。。。

    個人的にデジタルは素出しでプリントは絶対満足いかないですからね。。。

    だからみんな画像処理に走っちゃうわけですよ。

    ぼくもいろいろなデジタル処理を駆使して遊んでますけど、必ずアナログ風に加工した上で写真の良し悪しを判断してから処理するように心がけています。

    非常に参考になりました。

    ありがとうございました。


  2. キハ147 | URL | -

    ヤンさんへ

    なかなか参考になる記事ですね。
    FM2とはなかなかやるもんです。

    昨今のデジタルで大切なことは、いかに見た目どうり再現できるかだと思います。
    良いか悪いかは、撮り手の意図次第です。撮り手の意図が自由に反映できるのが、デジタルの魅力かも知れません。

    が、私たちがフィルムでやっていたころは、マニュアルが当たり前でした。
    手ぶれ補正なんてとんでもない!
    おっしゃるとおり、進化したデジタル技術がすべてをこなしてくれますが、
    その分、撮り手の技術は明らかに低下していると思います。
    その方が問題かも知れませんね。

    フィルム再燃と願いたいところですが、世の流れからするとあり得ないように思います。
    というより、デジタル技術がフィルムに近づく…という方向ではないかと思います。
    まっ、今の段階で、デジタルにフィルムの再現性を求めるのはきついですね。

  3. 大道 | URL | Za4ySBRo

    キハ147さんへ

    今日のつぶやき・・・よろしくお願いします。

    今日は、RYOさんを煽っといてください(笑)

  4. キハ147 | URL | -

    大道さんへ

    つぶやきのリクエストですかぁ。

    原稿料高いですよ(笑)

  5. 大道 | URL | Za4ySBRo

    キハ147さんへ

    アフェリエイト収入で補填しますので・・・(笑)

    よろしくお願いしますv-10

  6. ヤン | URL | EBUSheBA

    大道さんへ

    フィルムはカラーネガを使用してます。
    (買ったばっかりで露出設定に不安があったので、
    ラチチュードの広いネガフィルムで保険をつくりました。)

    D3sをもってしても比べると差がはっきりしました。
    おっしゃるとおり、比べるとどうもパンチが弱くて
    「色の深み、コントラスト」はまだまだフィルムの方が素晴らしいです。


    手間とお金はかかりますが、得るものはプライスレスですv-61

  7. ヤン | URL | -

    キハ147さんへ

    FM2、多少使用感がありましたが動作具合は良好で、
    レンズ込み中古で2万ちょいと良い買い物でした。

    おっしゃるとおり!カメラが優れていくほど、撮影者の技術レベルが
    下がってしまうのは写真に携わるイチ愛好家としても危惧してます。
    ただ、今の市場環境からいって、それはもう避けられないでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syadou2010.blog6.fc2.com/tb.php/45-0e83c0a8
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。