FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦過市場

2010年04月19日 21:14

今日は自宅から歩いて10分くらいの場所にある旦過市場で撮影をしてきました。


IMG_0045.jpg
旦過市場のアーケード入口


IMG_0056.jpg
束の間の休息

IMG_0065.jpg
錆びれた看板


IMG_0142.jpgまごごろ

IMG_0059のコピー
魚市場


IMG_0087.jpg
夫婦で・・・。

旦過市場を知らない方もいると思うので、以下の解説をお借りしてご案内いたします。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

旦過市場(たんがいちば)は、福岡県北九州市小倉北区魚町にある市場。北九州の台所とも呼ばれる。

神嶽川(かんたけがわ)の東側に位置し、小文字通りをはさんで魚町銀天街に接続している。アーケードになっており、北側入口には日本初の24時間営業スーパーマーケットの丸和がある。

200店舗以上が軒を連ね、鮮魚・青果・精肉・惣菜などを扱う店が多いが、郷土料理の「じんだ煮」や鯨肉を扱う店もある。福岡県内では名の知れた市場であり、福岡市の柳橋連合市場と並んで福岡二大市場と称される。

主婦をはじめとする一般消費者のみならず、料亭や料理店などの料理人も買い付けに訪れる。グルメ番組や旅番組でしばしば紹介され、観光客も多く訪れる。また、近年は旦過市場の川側とは反対側の裏手に位置する新旦過と呼ばれる場所に、若者をターゲットにしたお洒落な飲食店が営業しており、週末の夜には若者の姿を見ることが出来る。

大正時代のはじめ、隣接する神嶽川から魚の荷揚げ場として成立し、その後、田川・中津方面からの野菜の集積地となった[1]ことで市場としての機能が形成された。昭和30年代に建築された建物が中心で、特に中央の通路を挟み川側(丸和側)は建物が神嶽川の上にせり出して建っている為、現在の建築基準法では同じ形で建替えができず、また消防法などに基づく必要な各種設備も整備されておらず不適格建築物となっており、防災面などで問題になっている。実際、1999年9月14日、丸和が火元の火災が発生し、消火活動が困難を極め旦過市場の川側約1/3近く(計12店舗、約1,250m2)を焼失した[2]。再開発の構想もあったが、現在は白紙の状態である。
スポンサーサイト


コメント

  1. yso | URL | E4SJvhQE

    なつかしいですねぇ。

    昔小倉店が古船場にあった頃は、昼飯を旦過市場に行って弁当やおにぎりとかコロッケとか買って食べてたんですよ…。

    もう何年も通ってないですねぇ。

  2. 大道 | URL | Za4ySBRo

    ysoさんへ

    今日は天気が悪かったので、あまりいい条件で撮影できませんでした。

    旦過市場はすごく近いところにあるのに、僕もほとんど足を踏み入れたことがない所でした。

    昔のような活気がない市場になってしまいましたが、とても味のあるスナップ写真を撮るのに最適な場所だと改めて再確認しました。

    また撮りに行こうと思ってます。

    旦過市場で、昼飯は贅沢ですね(笑)

    今のデオデオさんが羨ましいです。。。

    キハ147さんも利用してたんでしょうね(笑)

  3. ヤン | URL | -

    旦過市場

    どれも味わい深い、絶妙な写真ですね!
    怒られるかもしれませんが、僕はまだ足を踏み入れたことが
    無いのです・・。
    いつか必ず行こうと思いましたv-212

  4. 大道 | URL | Za4ySBRo

    ヤンさんへ

    ありがとうございますv-212

    カメラメーカーの方に褒められるのはこの上ないですv-10

    今度休みが合えば一緒に撮影いたしませんか?

    小倉を撮りましょう!

    案内しますので(笑)

  5. ヤン | URL | -

    是非!

    行きたいですね。
    仕事で行ってもなかなかゆっくり出来ないですし、
    小倉の街をじっくり散策してみたいですv-28

  6. 大道 | URL | Za4ySBRo

    じゃあ

    来月あたりでも如何ですか?

    週末に休みが取れたら調整しましょうv-10

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://syadou2010.blog6.fc2.com/tb.php/44-7f2b8210
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。